J・COMに出演

テーマ:
ぐずてつ日記
J・COMの「練馬人図鑑」という
トーク番組で、練馬のスタジオへ行って
ちょっとおしゃべりしてきました。

お相手は、あの『おしん』で日本中を、
いや、世界中を泣かせた小林綾子さん。

ご覧のように、もうすっかり大人に
なって大女優として活躍されていますが、
可愛いらしさ、あどけなさは昔のまんま。

綾子さんも練馬の住人でね。
お散歩している時にたまたまワシの
家の前を通ったこともあるんだって。

ピンポンしてくれたらお茶漬けくらい
出したのにー、って言ったんだよ。
まあ、ご近所どおしなので、すぐ打ち解け
なぜ練馬に漫画家たちが多いのか、
練馬の魅力や、マンガやアニメの魅力、
ついでに、マンガの描き方などを
聞かれるままに、お話してきました。

綾子さんはマンガの面白さに
目覚めてしまって、これから漫画家に
なるかもしれないよー。楽しみ。

放映は12月18日から、何度か放映
されるらしいです。
ひまがあったら、見てなー☺

画像つき記事

  • 100年後に残したい…

    100年後に残したい…

    2017-11-21

  • 松本零士、サルマタケ…

    松本零士、サルマタケ…

    2017-11-17

  • おかげで元気になりま…

    おかげで元気になりま…

    2017-11-15

  • 「君たちはどう生きる…

    「君たちはどう生きる…

    2017-11-10

もっと見る

100年後に残したいマンガ

テーマ:
ぐずてつ日記
(公益社団法人)日本漫画家協会の
監修で『100年後に残したい!マンガ名作』
という本が最近、出版されました。


我々漫画家たちが選んだ
「日本漫画家協会賞」の受賞作品を中心に、
まず、誰でも知っている名作という名作が、
ぎっしり詰まった、なかなかの優れ本です。
定価・本体¥3.000円

ワシの作品もいくつか載っているし、
いろいろ、現在や未来の漫画界のことなどを
語ったインタビューも掲載されているので、
ちょっと自画自賛になってしまうけど。

発行所は玄光社
TEL:03-3263-3515(営業部)




松本零士、サルマタケの真相

テーマ:
ぐずてつ日記
松本零士さんがまもなく80歳を迎えます。
そのお祝いの記念本(小学館発行)の為に、
松本さんの家で対談しました。

二人は、十代からの友達。
漫画家になったばかりの新人の頃は
二人とも、貧乏で
いつもいつもおなかがへっててねー。

松本さんは、いつか原稿料が入ったら、
座布団くらい、でっかいビフテキを食うんだ、
というのが口ぐせでしたよ。
いろいろ、懐かしくて楽しい話が
続いて尽きなかったけど・・・

そうそう最後に、昔、松本さんの下宿で
インスタントラーメンをご馳走になった時、
ワシの丼に、例の「サルマタケ」を
入れたという話は本当なの?って聞いたら、
ちょっと下を向いて、
『ゴメン・・』だって。

『で、でも、あどでよく調べてみたら
毒じゃないんだよ。
まあ、食用じゃないけど・・・』

わかった。
いつかお返しするからねー。